LWC Wheelsのホイールの選び方と特徴 - LWC Wheels|速くなれるロードバイクカーボンホイールを販売 黒ライン 赤ライン

HOME ≫LWC Wheelsのホイールの選び方と特徴

LWC Wheelsのホイールの選び方と特徴

サイト移転しています。新サイトにこちらをクリックして移動してください
>>新サイト:LWC wheelsのホイールの選び方

私達LWC Wheelsは「軽く」「強く」「美しい」ホイールを、妥協ないパーツで組み上げて”安価にて”ご提供することをコンセプトとして運営しております。

代理店などの中間マージンを徹底的にカットし、直接サプライヤーとともに製品開発に取り組むことで、「安く」「高性能」なホイールの開発に成功しました。
是非、以下を参考に当店のホイールをご検討下さい。


ホイールのラインナップ


LWC Wheelsでは、チューブラーホイールは24mm、38mm、50mm、88mm、クリンチャーホイールでは38mm、50mm、88mm、その他パーツとしてサドルやボトルケージなど幅広いカーボンパーツをラインナップしております。本ページではそれぞれを比較してご紹介することで、ホイール選択の一助となれば幸いです。


ここでは、各ホイールの特性・ターゲットデザインについてご紹介します。


happy-bags24mm38mmimg


それぞれLWC wheelsの24mm、38mmといった低ハイトは1000g前後の重量を武器にヒルクライム用途をターゲットデザインとしています。特に勾配が急な過酷なヒルクライムレース(例:富士山国際ヒルクライムやマウンテンサイクリングin乗鞍など)や峠のタイムトライアルを想定したデザイン。

ヒルクライム向けの最高性能を狙うなら、ヒルクライム用途に特別で設計した25mmXL(エクストラライト)ホイールが最適解。

24mmチューブラーホイールは前後ホイールセットで980g~の圧倒的な重量、さらにそのスペックにもかかわらず10万円を切る価格を実現しました。この軽さはヒルクライムでは大きな武器になります。登坂中はもちろん、漕ぎ出しの軽さは圧巻の一言。リム外周が軽いことの恩恵をフルに感じられます。


38mmの重量はその軽さには劣るものの、1000g台~からの軽量性とディープリムの安定感を兼ね備えながらも限界価格にてご提供中。剛性や平地巡航性能も併せ持つホイールに仕上がっております。



38mm50mmimg


そして、LWC Wheelsの38mm、50mmは高バランスモデルとしてラインナップ。主にヒルクライムやロードレースでの使用を想定。


または、普段のトレーニングなど汎用性も抜群。あらゆる場面で活躍が期待出来るホイールに仕上がっています。困ったときにはこのあたりのホイールを選択しておけば後悔することはありません。


38mmはヒルクライムから勾配の多いロードレースまで、50mmは主に勾配の多いロードレースからトライアスロンや時にはヒルクライムにも耐えうる性能に仕上がっております。


いずれを選択いただいても間違いなく満足いただけると確信しています。


ヒルクライムレース全般にお使いいただけるスペックです。24mmと比べると、50mmはMt.富士ヒルクライム、比叡山ヒルクライムや龍勢ヒルクライムなど、比較的勾配のゆるいレースに最適です。



50mm88mmimg


続いて、LWC Wheelsの50mm、88mmは高空力モデルとしてデザインしています。主に、ロードレースやロングライド、トライアスロンといった高速巡航を要する用途を想定しています。


50mmはロードレースからトライアスロンなど高速巡航を要する状況に幅広く対応しコントロール性も良好。一方、88mmディープリムは高速巡航に特化し、風の影響を受けやすい欠点もあるものの、楽しいホイールに仕上がっています。見た目という意味でも圧巻。街乗りにおけるデザイン性の追求にも向きます。



これらはあくまでも一例です。皆様の用途に応じてお好みのホイールを選定ください。最高のコストパフォーマンスをお約束致します。




リムについて


リムはこだわりぬいたフルカーボンリムを使用。



LWC Wheelsのホイールに使用されるリムはフルカーボンリム。アルミをカーボンで被覆したものではありません。


東レのカーボン繊維によりビルドされた、高い信頼性を誇るカーボンリムです。


軽さもさることながら、その剛性感にも目を見張るものがあります。


ブレーキ面の丁寧な仕上げは制動力に寄与します。


デザインは、近年人気が出てきたマットカーボン仕上げとしており、クリア仕上げと違って表面の細かいキズ等が目立たず、塗装分の重量増の回避に寄与しています。


なめらかなマット仕上げには高級感を漂わせます。


タイヤが接する面も滑らか。




スポークについて


LWC Wheelsのホイールに使用されるスポークは最高の名高いCX-RAY。



スポークはホイールの性能を決める意味でも最重要なパーツ。ホイールの剛性を決めることや走行中の空気抵抗のかなりを握っています。


その割に、リムのようにあまり目立たず、コストダウンの矢面に立たされがちです。当店のホイールは妥協せず、走行性能にこだわった高級スポークを使用。


SAPIM CX-RAYはその空力の高さで、プレーンスポークと比べ、高速域の伸びが圧倒的。信頼性は絶大で、プロツアーでも活躍するF2RやF4R擁するFastForwardをはじめ有名ブランドのホイールへの採用もそれらを裏付けます。


-「CX-RAY」の特徴-

・圧倒的な靱性(引っ張り強度)を誇る

・厚さを極限まで絞った0.9mmという極薄形状により最高の空力性能を実現 (実に一般のエアロブレードスポークの1/2!!)

・重量は最軽量クラス

・一般価格500円/本と高価(つまりスポークだけで44本:22000円)

上記を見れば、このホイールが材料費度外視だというのがおわかり頂けると思います。


ハブについて


LWC Wheelsのホイールに使用されるハブは、こちらも妥協せず、BITEX社の軽量ハブを使用。



厳選に厳選を重ねた超軽量かつ回転性良好のBitex社のハブを使用。
Novatec等の競合でもあり、有名ブランドへのOEMも請け負っている実績のあるブランドです。


ホイール回転の中心となるパーツなので、ここでの妥協も許されません。


妥協なきパーツにて組み上げられたLWC Wheelsの最高のカーボンホイールを是非お楽しみください。

サイト移転いたしました。3秒後に新サイトに移動します。

自動で移動しない場合は、LWC wheels新サイト をクリックしてください。
ホイール一覧 リム一覧 サドル一覧 タイヤ・チューブ クイック・シュー他一覧 ボトルケージ一覧








サドルキャンペーンバナー
カートを確認

LWC wheelsのFACEBOOKページ

LWC wheelsのホイールについて

カーボンホイールのメリットデメリットについて

LWC wheelsのレビュー記事・レビュー動画

LWC wheelsのチューブラーホイール

LWC wheelsのクリンチャーホイール

購入手順

よくある質問

お問い合わせ

pro4